当山は身延山 妙法華院 久遠寺を
祖山と仰ぐ日蓮宗です

History

日蓮宗 三光山 妙榮寺    
《宗 旨》 久遠の本師釈迦牟尼世尊を教主とし、日蓮聖人奠定の大曼荼羅を本尊とする。
《総本山》 身延山 妙法華院 久遠寺      (山梨県南巨摩郡身延町)
《開 創》 当山は、明治9年(1876)大分市鶴崎法心寺の笠置日耀上人を招請し、現在の中城通りに法窟      を構え蓮池庵を創立したことより始まる。同12年3月鞭馬彦衛門等が一寺建立を大分県令に願い出、9月8日三光山妙法寺と寺号公称を許される。鶴崎法心寺第36世唯信院日厚上人を開山とし、笠置(唯光院)日耀上人を第2世開基上人とする。同年12月には庫裏新築、続いて門1棟土蔵1棟が造られた。明治20年7月15日本堂竣工。本堂安置の三宝尊のうち日蓮聖人像は太閤秀吉が京都の大本山頂妙寺の子院石塔寺に寄進したもので、開眼主は身延山第22世心性院日遠上人(1642年没)といわれる。大正10年鐘楼兼山門完成。山門脇の創建記念碑(明治41年建立)には時の前衆議院議員広瀬貞文の撰で次のように記されている。
「日田の地もと本宗なし。・・・常に他宗に抑圧侮辱されるも上人豪も屈せず、大いに正法を以て権理を折伏す。・・・堂宇創建者及び信徒の艱難辛苦筆舌に尽くし難し。」と。当山の本来の敷地5反は鞭馬彦衛門氏の寄贈で、その子孫は現在名古屋市に在住している。

《名 称》 昔を知る方は男子校(現咸宜小学校)の前の妙法寺と呼ぶことも多い。
《合併による寺号の改称》昭和30年3月26日、市内大字竹田の妙昌寺(佐賀県小城市 本山松尾山光勝寺末寺)に後嗣無く当山と合併、寺号を現在の妙榮寺と改称した。時の住職は第8世掛橋良明上人。総代は中野品三・梅山寒伍・藤本長吉・原田節三・渡辺大吉・梶原政一・古賀庄七の各氏であった。

《山号の由来》当山は日天子・月天子・明星天子の三光天子を祀るが、当地には月隈山・星隈山・日隈山という小丘があり合わせて三隈といい、そのそばを三隈川も流れているところから、三光山の山号をつけたのではないかと思われます。

《淡窓という町名の由来》幕末から明治初期まで、当地に咸宜園(かんぎえん 当山から直線で約100㍍にあります)という私塾を構えた儒学者広瀬淡窓(ひろせ たんそう)先生の威徳を偲んで町名にされました。門弟は全国から集まり延べ5000名以上といわれ、高野長英、大村益次郎、長 三洲、清浦奎吾、上野彦馬らがいます。現在跡地には秋風庵や遠思楼、咸宜園教育センターがあります。
淡窓作の有名な「休道の詩」は、後年広瀬青邨が先生を勤めた京都立命館大学寮歌の2番目の歌詞「柴扉(さいひ)を排せば暁に 君は川流(せんりゅう)我は薪(まき) 他郷憂(たきょうう)しと云うなかれ 椎(しい)の葉蔭(かげ)に相倚りて 手をとり友と語らえば 春は四年に尽きぬべし 春は四年に尽きぬべし」に影響を与えたと言われています。