奨学生募集
終了しました
令和元年8月25日
カンタカ奨学会
 
合掌 私たちカンタカ奨学会では、本年度の奨学生を募集します。紛争やテロ、災害だけでなく、経済的社会的障害によって弱者になることがあり、人が普通に生きることが難しい現代にあって、出会いや気づき、そして生きることについて今一度光を当てて考えてみることは大事なことであると当会では考えます。そこで本年も、一人ひとりが今までの体験を通して人としてどのように生きたいのかという思いを小論文にまとめていただくことをお願いいたします。書いた方も読んだ方も今後の糧にできれば幸いであると思います。応募された小論文を審査のうえ、6名の方に奨学金を差し上げます。たくさんのご応募をお待ちしています。

1、 対 象 者  
高校生以上20才未満で、  
   日田市内及び近郊に居住し小論文を提出した方を対象とします。

2、 論   題  
「出会いと気づき」
「いのち」
「高まる自己責任論の中でどう生きるか」の中からひとつを選択し、身近な体験を通じて考えたことを1200字以上2000字以内で述べてください。

3、 募集人員    
6名 
 
4、 奨 学 金   
1名6万円を支給します。返却は求めません。

5、 募集期間   
8月25日必着 原稿用紙・Eメールや郵送も可とします。
採用連絡のため、必ず連絡先明記のこと
(在校生は学校名と学年も記入してください。当会の活動以外には使用いたしません)
        eメールアドレス                 lotus391b-net.kcv.jp  
HPのURL ようこそ三光精舎へ   https://myoeiji.1net.jp
 
採用発表  直接本人へ通知します。
9月20日(金)彼岸会法要の際に奨学生認定式を行いますので、本人の出席を求めます。(午前11時頃までにお寺に集合  詳しくは本人に連絡します)

7、「カンタカ」という名前の由来  
カンタカとは、昔ゴータマ・シッダルタ(後にお釈迦様になる方)が、出家修行のために城を出るときに乗られた馬の名前です。奨学生に応募される方々の大いなる未来への出発点になりたい、という意味を込めて命名しました。